英語力アップ

留学して英語が上達する方法

外国人の友達を作りたい、ビジネスチャンスを広げたい、海外の大学に進学したいなど、様々な理由で留学を決心する方は多いのではないでしょうか。
しかし、せっかく決心して現地に行ったにもかかわらず、あまり上達せず帰国する人も少なくありません。
ではどうすればせっかくの留学というチャンスを生かし、流暢になることが出来るのでしょうか。
まず、日本人とつるまないことです。
現地では最初言葉も上手く通じず日本人と一緒に日本語でお喋りしたくなりますが、それでは上達しません。
ホストファミリーによく話しかけたり、日本語を学びたい現地人と言語交換をするなど、現地人となるべく交流する積極性が必要です。
また、英語で読書、映画鑑賞も良い方法です。
読書と映画鑑賞は語彙力を高めてくれます。
特に映画鑑賞はリスニングの練習にもなります。
流暢になるための方法は様々ですが、やはり現地で常日頃から現地人と積極的に関わることで英語を使う機会を増やし、同時にコツコツ毎日勉強することを繰り返すことが上達への一番の近道ではないでしょうか。

留学は英語力を飛躍的にアップさせるチャンス

英語力を上げたいと思っている人は思い切って留学をしてみましょう。
短期間でも経験するとしないでは大きな違いがあります。
仕事をしている人には短期の休暇を利用して、学生の人は夏休みなどの長期休暇を利用して留学する時間を作ってみてください。
なぜ英語力がつくかというと、単純に日本語が話せない環境に自分がいるわけですので、何をするにもコミュニケーションがとれない、言葉が通じなければどうすることもできない、という経験をすることが上達するためには一番の近道だからです。
留学中はできるだけ日本語を話せる環境に身をおかないことです。
大変だと感じるかもしれませんが、せっかくの機会だと割り切ってみてください。
現地の家族にホームステイすることも有効です。
朝起きてから寝るまで、何か困ったことがあったり、聞きたいことがあっても、話せなければどうしようもない状態におかれますので、英語力が飛躍的に向上することに気づくでしょう。
習うより慣れろの精神で、恥ずかしがらずにまずは経験することが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

2017/12/1 更新

Copyright (C)2015 appear in the world.All Right Reserved.